各種申請書類のダウンロードはこちらから
Loading
総合研究所について

■ 設置目的

本学の教育・研究との有機的な関係のもとに広く学術を統合し、各専門領域及び学術領域の研究を行うほか、国内外の大学及び研究機関との交流を図り、社会と学術文化の進展に寄与することにより、本学の教育・研究の基礎を培い、その水準を高めることを目的としています。
■ 運営

当研究所は、現在、総合研究所基金の果実によって運営されています。


■ 研究活動

各研究部門各研究部におけるプロジェクトと特別研究プロジェクトによるプロジェクト制により実施されます。


■ プロジェクトの体制

産学官連携による特別プロジェクト、受託研究、学内外との共同研究、学内公募から選抜された自由な研究テーマによる研究、研究所が特定の研究テーマを設定して研究者を募集する研究等、短期・長期にわたって様々な形で研究活動を行っています。

本学の教員が総合研究所所員を兼任し、積極的にプロジェクト研究活動に参加しております。また、必要に応じて、外部研究機関等から研究者を客員研究員・特別研究員として迎えることもあります。

■ 研究成果

総合研究所からの刊行物、学会発表および市販本の発行、研究活動期間中の講演会、シンポジウムなどにより随時公表し、さらにコンソーシアムの形成等その成果を広く社会に還元していくことを目指しています。

研究期間終了後に設けられた1年間の成果刊行期間に成果を「市販本」「研究叢書」または「研究成果報告論集」として刊行することが義務付けられています。

■ 定期刊行物

研究プロジェクトから選出された編集委員によって 『総合研究所報』、『NEWS SOKEN』 が刊行されています。

 『総合研究所報』 は研究所における研究活動について 年一回刊行され、広報誌『NEWS SOKEN』は研究所のニュース、特定のテーマに関する各分野の研究者による執筆、研究余滴などを読みやすく、親しみやすい形態にまとめ、年一回刊行しています。