沿革|青山学院大学総合研究所

沿 革

ホーム » 研究所について » 沿革
1988年9月27日 青山学院大学総合研究所設立
1988年10月1日

初代諸井勝之助所長就任
7つの研究センターが設置される

  • 人文学系研究センター
  • 経済研究センター
  • 法学研究センター
  • 経営研究センター
  • 国際政治経済研究センター
  • 理工学研究センター
  • キリスト教文化研究センター
1988年10月22日 第1回総合研究所運営委員会開催
1989年1月25日 第1回総合研究所管理委員会開催
1993年9月29日 第1回総合研究所自己点検・評価委員会開催
1994年4月1日 所長直轄の個々の学問分野を超えた学際プロジェクトが設立
1997年4月1日 所長直轄の特別研究プロジェクトが設立
2001年8月22日 第1回総合研究所改革委員会開催
2003年4月1日

各研究センターが廃止されプロジェクト制による新体制となる

  • 総合文化研究部門
    • 課題別研究部
    • キリスト教文化研究部
  • 領域別研究部門
    • 人文科学研究部
    • 社会科学研究部
    • 自然科学研究部
  • 特別研究プロジェクトを設置
2005年4月1日 eラーニング人材育成研究センター(eLPCO)を設立
2011年3月31日 総合研究所より、eラーニング人材育成研究センター(eLPCO)分離
2018年4月1日

研究部門・研究部体制が廃止され、研究ユニットによる新体制となる

  • キリスト教文化研究ユニット
  • 一般研究ユニット